ロコモプロ 関節痛

しっかり伸ばし、痛みが出づらい関節に

 

しっかり伸ばし、痛みが出づらい関節に

 

関節痛はとてもつらいですよね。

 

どんなに心や体の器官が健康でも、関節が痛むと外出する機会が減り、どんどん不健康の悪循環にはまってしまうこともあります。

 

高いサプリを飲んだりトレーニングに通ったりせずに、関節の痛みを改善する方法をご紹介します。

 

この改善方法はとてもシンプルで、ただ「関節をしっかり伸ばす」だけ。聞いて拍子抜けしてしまう人もいるかもしれませんが、簡単そうに見えて実は意外と大変です。

 

関節が痛むとついその部分をかばって、膝なら膝を少し曲げた状態で歩く癖が無意識のうちについてしまっています。実はこの癖が関節周辺の筋や筋肉を硬直させ、ますます痛みに弱い状態にしてしまっているのです。

 

しっかりと曲げ伸ばしをし続けることで筋や筋肉が鍛えられ、結果として痛みが出にくい関節に変えていくことができるのです。

 

膝の場合で説明すると、歩く時に一歩一歩意識して、後ろに蹴り出す脚をしっかり伸ばすようにします。

 

前に踏み出す時には自然と膝が曲がりますが、これも意識してしっかりと曲がるように気をつけます。

 

一歩歩くごとにしっかりと曲げ伸ばしできているか、確認しながら歩いてみてください。

 

歩くということは人が生まれてから無意識に繰り返しているもので、関節に痛みのある人は特に無意識に関節をかばうような歩き方が身に付いてしまっています。

 

「曲げ伸ばしをしっかり」と言われても、はじめはなかなかうまく行きません。意識しすぎかもと思えるくらい意識して、しっかり癖をつけてしまいましょう。

 

歩くのが難しい場合や肘や肩の関節が痛む場合は、日々の生活でしっかり伸ばすことを意識するだけでなく、すき間時間でストレッチなども取り入れてみましょう。

 

1ヶ月ほど続けると、動作が自然に身に付いて関節周りが鍛えられ、「あれ、そう言えば最近、あんまり痛くないかも?」と驚かされるかもしれません。

 

 

痛みが強すぎる場合はプロに相談

 

この方法は手軽にできていいのですが、比較的痛みの程度が軽い人に向いています。痛すぎて歩くのもままならないような人が無理して曲げ伸ばしをすると、症状を悪化させてしまう可能性もあります。

 

はじめのうちは通常より痛みがあるのが普通ですが、しばらく続けてみて症状が改善しなかったり、悪化しているような場合は、我慢せずに専門家の先生に診てもらうのが賢明だと思います。

 

張り切りすぎて極端なトレーニングのようにならないよう、体と相談しながら進めてみてください。

 


ロコモプロトップへ

ロコモプロ(トップ記事)

ロコモプロはダイドーが送るプロテオリガンの配合量を最適化(成分表)副作用の心配も無く、効果なしサプリとは別格。話題のロコモプロを徹底的に解説しています。