ロコモプロ 家庭

家庭でできる関節痛対策

 

家庭でできる関節痛対策

 

関節通には、変形性関節症や関節リウマチ、関節障害などがありますが、なかでも多いのが“関節の老化”とも呼ばれる変形関節症です。

 

関節痛は食事や運動や姿勢など、ひざに優しい生活習慣で傷みを軽減することができます。

 

 

ひざ変形関節症の対策

 

関節痛で一番多いのは「変形関節症」で、その中でも変形ひざ関節症で苦しんでいる人は多く、高齢の男性のおよそ20%、女性は男性の2倍の40%もの人がひざの痛みに苦しんでいます。

 

高齢の人がひざ変形関節症でひざが痛む原因は、肥満気味の人が自分の体重がひざに負担がかかって痛むとか、運動不足の人が関節が固くなって痛むとか、あるいはo脚の、いわゆるがに股の人がひざが曲がっているので内側の軟骨がすり減りやすくなって痛みます。

 

とにかくひざに過重な負担がかかって痛むのが関節痛ですから、ひざに負担のかからない動きや、ひざにやさしい生活習慣を心がけてください。

 

 

ひざに優しい生活習慣とは

 

 

食生活に気をつける

 

暴飲暴食をすると食べる量が増えます。そして体重が増えるとひざに負担がかかって膝の関節痛で悩むことになります。

 

そのため、食べ過ぎない、飲み過ぎないを守ることや、野菜を多くしたバランスの良い食事を摂ってください。

 

また、ゆっくり噛んで食べることで食べ過ぎが防げますし、よく噛むことで唾液が分泌されて消化酵素の働きで消化が良くなる効果が出ますから、太りすぎを避けることができます。

 

適度な運動で関節痛を防ぐ

 

運動をしないと関節周辺の筋肉が固くなるため関節もスムーズに機能しなくなり関節が痛くなってしまいます。

 

ひざ関節など特にそうですから適度な運動に効果が期待できますから、ウォーキングなど行ってみてください。ひざの動きもよくなります。

 

運動に水泳を選ぶ人も多いですが、水泳は同時体重を減らすことができ、関節の筋肉をやわらげるのと体重が減って膝への負担が軽くなるのとWの効果が期待できるのでおススメです。

 

 

座り方や姿勢に気をつける

 

座るよりも椅子に腰を掛けた方がひざや腰に負担をかけないのでおススメです。

 

また、椅子は立つときも腰をおろすときもテーブルに手をついて体を支えることができるので、ひざや腰への負担が大きく軽減されます。

 

そして、椅子にかけないときですが、お行儀が悪くても足を投げ出すか、あぐらがおススメです。

 

 

姿勢に気をつける

 

立った時の姿勢が悪いと重心がずれた姿勢になり、ひざに余計な負担がかかります。

 

アゴを引いて背筋を伸ばした正しい姿勢を心がけてください。

 

 

歩き方に気をつける

 

理想的な歩き方は、背筋をぴんと伸ばし股関節歩きをしてください。

 

この歩き方の方法は腰を前に進めるような感じで足を進めます。腰と足が一つに歩くという感じで歩きます。

 

この歩きかたは変形性股関節症の人にも効果がありますし、ウォーキングをするときにこの歩き方をすることでよりウォーキングの効果が期待できます。

 


ロコモプロトップへ

ロコモプロ(トップ記事)

ロコモプロはダイドーが送るプロテオリガンの配合量を最適化(成分表)副作用の心配も無く、効果なしサプリとは別格。話題のロコモプロを徹底的に解説しています。