ロコモプロ 運動

関節痛の原因を知ることが適切な予防と改善に繋がる

 

関節痛の原因を知ることが適切な予防と改善に繋がる

 

関節痛は加齢による原因もありますが、日常生活の習慣から起こる場合も多いようです。

 

普段から姿勢が悪い人や、仕事や家事、その他の作業などで無理な姿勢が続く人などは、関節痛になりやすくなってしまいます。

 

無理な姿勢が続くことによって、体に歪みが生じてしまいます。

 

ストレッチなどできちんとケアをすればよいのですが、ケアの方法がわからなかったり、ケアが億劫に感じてしまい、結局やらないままでいると、関節痛の症状になりやすくなってしまいます。

 

年齢を重ねるとともに、長年の体の癖が体に大きな負担をかけてしまいます。さらに筋肉量が減ってくると、関節を十分に支えられなくなり、痛みが生じてきてしまいます。

 

また体の歪みが原因で血流が悪くなり、冷えなども起こりやすくなります。

 

体が冷えやすくなると、関節痛が起こりやすくなり、悪循環になってしまいます。

 

 

歪んだ姿勢が関節痛を悪化させる

 

これを防ぐためには日頃から体を柔軟にしておくことが大切です。

 

人は長年の姿勢の癖などがあり、それが当たり前に感じてしまっています。

 

関節痛になって初めて、体の歪みや無理な姿勢だったことに気が付きます。

 

早めに原因を知り、対処することで、痛みを早めに軽減できますし、長引かせないで済むようになります。

 

自分で解決方法が見つからない場合は、専門医や整体などで相談するのも良い方法です。

 

逆に素人判断でケアを行って、さらに痛みが悪化してしまう場合もあります。

 

正しい姿勢を普段から意識して行うようにして、無理な姿勢が続いた時は、必ずストレッチなどで、体を伸ばすようにしましょう。

 

仕事や家事など、日々の作業は前かがみになることが多いものです。

 

そのため、どうしても腰や背中に負担がかかってしまいます。

 

また、前かがみの姿勢は内臓を圧迫してしまいます。

 

胃腸の調子が悪くなってしまうこともあります。

 

 

運動で関節を支える筋肉を増やす

 

日々の生活の中に適度な運動を取り入れることで、関節痛の改善にも繋がります。

 

特に筋トレを行うことで、関節を支える筋肉をつけていくことができます。

 

また、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動も効果的です。

 

しかし、体重の多い人や肥満の人は、走ると膝への負担が大きくなってしまい、関節痛の原因となってしまいます。

 

体重の多い人や肥満の人は水中ウォーキングなどに切り替えるなどして、膝への負担を軽くするようにしましょう。

 

さらに、関節をしっかりと支える筋肉を作っていくためにも、食事では良質なたんぱく質を摂るようにしたいものです。

 

脂質や糖質などの過剰摂取で、体脂肪を増やさないようにすることも重要です。

 


ロコモプロトップへ

ロコモプロ(トップ記事)

ロコモプロはダイドーが送るプロテオリガンの配合量を最適化(成分表)副作用の心配も無く、効果なしサプリとは別格。話題のロコモプロを徹底的に解説しています。